fc2ブログ

ヘナの逆襲だス

eha0020-012_s.jpg
ヘナカラー ご存知の方も多いと思うだス 以前は ボンクラージュでもケミカルへナ
扱っていただスけど 1年程前から 香草漢方カラーに変更しただス

違いは?と言うと 色の出しやすさ 艶 手触り そして 毛髪補修の可能性だス!

2月に書いた 複合ダメージ補修の可能性 と言う記事

この時の殿方は 有機酸類の没食子酸類、タンニン酸類、ベンジル酸類、安息香酸類、サリチル酸類、ナフタル酸類、ロスマリン酸類、L-ドーパやチロシン等など

これら酸が 毛髪に収斂作用を起こし フィブリルを整え キューティクルを閉じる効果
が有る  中でも没食子酸類、サリチル酸類、安息香酸類

が特に良い様だス!  その中で 没食子酸 コレが へナのいい所の源

ヘナの流れとして 昔はトリートメントとしての効果(白髪はオレンジ色に) 白髪染めとしては
全く使い物にはならない

そこで インディゴ ターメリックなどでオレンジを抑えて 白髪に入れる 適切な塗布
タイム置かないと薄染まり 

続いて 酸化染料を混ぜた ケミカルへナ この辺から可笑しくなってきてるだス!
ナチュラルへナは 化粧品登録  医薬部外品カラー剤に含まれる酸化染料(ジアミン等) 
の 混合は禁止されていて これ等は ウィッグ用として
雑貨扱いで 流通していただス!

コレが問題になって へナバッシングと なっただス!

それでも へナのいい所はいい所 使いようだと思うだス! 

最近は ヘナに足りなかった黒色染料も植物 染料の足りない部分は化粧品類の
HC染料で補色 面白くなって来ただス!

ボンクラージュの香草漢方カラーはメーカーマニュアル通りにはやっていない
オリジナルだス 香草漢方カラーもヘナと同じように収斂作用を使って補修を行っていて
まだまだ これからも進化していくだス!

その進化の手助けとなるか へナの大逆襲 楽しみだス!






スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ガイサンだス!

Author:ガイサンだス!
美容師 ガイサンの勝手な実験 趣味の実験だス!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク